2学期期末テスト対策授業受付中 深谷市 南中・深谷中・岡部中・豊里中と小学生・年長さん対象の塾・学習塾

怒られる???

怒られる???

テストが返却される時期になると毎度同じようなことを生徒が口にしています。

テスト結果があまりよくなかった場合のことですが・・・

「お母さんに怒られた」とか「親に超言われまくった」とか「こんなんじゃ高校いけないって言われた」などなど。

そのたびにいつもおなじことを思います。

それは、「怒れば成績が上がるのか?」ということです。

点数が悪いということは、勉強をしていなかったのかもしれませんし、勉強の仕方がダメだったのかもしれません。いろいろな原因があるでしょう。もちろん塾が悪かったのかもしれません。

ただ、どんな事情だったにせよ、すでにそのテストの点数は変えることができませんし、どうにもなりません。

さらに言えば、子どもたち自身は誰よりも反省しているわけです。

そして、その状態になっているものに対して「怒る」「説教をする」というのはどれほどの効果があるのでしょうか。

怒って点数が上がるならみんな上がっているのではないでしょうか。

またテストに限らずですが、「親に怒られるから勉強する」という言葉もよく聞きます。

怒られるのが嫌で勉強をする、というのはなんとマイナスの発想でしょうか。勉強をしないと怒りたくなる気持ちは十分わかりますが、怒って勉強をさせる意味は何でしょうか。

子どもたちは親のために勉強をしているわけではありませんし、怒られるのが怖くてする勉強なんて長続きはしませんし、限界があります。そこそこまではいくかもしれませんが、大きく飛躍するような結果にはならないですよね。恐怖で支配しているわけですから。

子どもが大きくなって、親のいうことを聞かない年齢になったらどうするのでしょう。

怒ることがいけないということではなくて、成績が悪くて怒る、あるいは、勉強させるために怒る、というのは何か違うのではないのかということです。

点数についていえば、まずはその点数を認めたうえで、勉強の仕方がどうだったのかの反省を少ししたら、では次に向けてどうするのか、という建設的な話になるほうがよいでしょう。先ほども書いたように子どもたちはすでに点数を見て反省をしております。何がいけなかったのか、では、次にどうするのかを聞いてあげてください。喧嘩口調で怒ったり怒鳴ったりしたら、次も同じ結果、あるいはもっと下がるかもしれません。それは、また怒られるかもということを気にしながらの学習になるからです。良い結果には向かいませんね。

勉強をさせるのも同じことです。

時間を決めたり、ページを決めたりと約束をしたうえで、それが終われば何をしてもいいというメリハリが必要です。適切な方法が分からないのであれば教えてあげればいいだけですね。

怒りはマイナスにしかなりません。怒る側も怒られる側も。

ですので、勉強のことは塾に任せていただきたいと思います。

また、任せていただけるような塾にしていかなければと改めて感じ最近です。

コメント


認証コード6857

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional