埼玉県中学3年生の進路希望調査結果(12月15日現在)

昨日、埼玉県教育委員会より令和3年3月中学校卒業予定者の進路希望調査(12月15日現在)のものが発表されました。

まず、目が行くところですが、前回の調査(10月1日)で、熊谷高校が定員割れしていて驚いたわけですが、さすがに定員を超えるかなと思っていたところ、またまた定員割れしております。0.93倍ですので、前回の0.87倍よりは増えたものの何とも言えない結果です。さらに熊谷女子高校も0.99と定員を割っております。さりげなく書いておりますが、実は大変な状況です。

学区が撤廃になってはいるとはいえ、熊谷高校、熊谷女子高校は埼玉県北部のトップ校です。それが定員を割っているという結果は、まだ当日の入試の結果ではないものの笑えません。おそらくこの倍率であれば、実際、最終的には1倍は超えることは明らかですが、ちょっと考えなくてはいけませんね。

他の高校はというと、今回の結果では、熊谷西高校(普通科)は、1.55倍と昨年よりも高い倍率になっています。最終的に1.2倍台となりそうです。

本庄高校は、1.21倍で昨年の同期と全く同じ結果になりました。最終的には熊谷西高校を希望する生徒の動き次第ですが、どうなるでしょうか。

深谷第一高校は、1.18倍で昨年より減っておりますが、この高校はおそらくこのくらいの倍率のまま当日を迎えそうです。

深谷高校は、1.05倍ということで定員を超えてきました。最終的にはもう少し増えるでしょう。

その他の高校については、リンクを貼っておりますので、ご確認ください。

埼玉県教育委員会ホームページ

また、いよいよ埼玉県の私立高校入試までは9日となりました。
来週の金曜日が入試となります。
受験生の皆さんは、体調管理には十分注意してくださいね。

コメント


認証コード1034

コメントは管理者の承認後に表示されます。