中学校の定期テスト問題が難しい

埼玉県深谷市にある中間・期末テストに強い彩北進学塾のブログです。本日は、数学検定を実施いたしました。小学3年生~中学3年生までが受験をいたしました。これで彩北進学塾での1学期内の資格検定はすべて終了しました。次回は、10月・11月に実施となります。9月になりましたら彩北進学塾のホームページにてご案内をアップいたします。

さて、各中学校ともに期末テストが終わり、まだ結果が出そろいませんが、問題を見せてもらうと英語だけでなくどの科目も昨年度までに比べて難易度が上がっているのを感じます。英語は明らかですが、その他の科目でもそうですね。

まずは記述問題の割合が非常に多くなっている点です。すでに返却された生徒の答案を見ても減点が多くあります。そしてその記述問題の字数も多いのが特徴です。こうなってくると単に暗記だけをして勉強していると全く歯が立たないはずです。

そして、問題数が多くなりました。これを時間内で全部解くのはなかなか厳しいと思うほどの問題数です。全学年全教科がそうではないのですが、傾向として多くなっているところが多いです。ゆっくり時間をかければ解けても、時間内で終わらせるとなると厳しいという生徒も出てくるはずです。普段から時間を意識して取り組まなければなりません。

最後に、やはり英語はむずかしいです。

特に、英語を書かせる問題が多くなっておりますし、日本語も会話調ですので、なかなかどの文法事項でどの表現を使えばいいのかがきちんと勉強をしていないと点数になりません。昨年度までとは英語だけは問題内容がガラッと変わっているのが目で見て分かります。英文も長くなりました。英語の平均点が低いのもうなずけます。ますます差が開く恐れがありますので、夏休みには英語をきっちり詰めておく必要がありますね。


▼最近の投稿記事▼



▼記事カテゴリー一覧▼

コメント


認証コード8961

コメントは管理者の承認後に表示されます。