本気で勉強に取り組んでみましょう

深谷市にある彩北進学塾のブログです。

昨年から続くコロナの影響で、コロナ以前のような状態にはなかなかならない今年の受験生。昨年度の受験生も同様でしたが、そうはいってもやるべきことはやらないとどんどん受験の日は近づいてきております。まだなんとなく先、という感覚があるでしょうか・・・かつての9月中旬の感じとはかけ離れていますので、ここからが塾の腕の見せ所といった感じです。昨年度の反省も踏まえて、なんとか頭の中を受験モードにしていきたいと思っております。

昨年度と今年度は、コロナ以前と比べて何が違うか。

それはまずは意識の違いです。どうも上を目指して頑張ろうというよりも安全なところへ無理なく、といった生徒が多く見受けられます。うちだけかな??

それから、コロナ以前は受験生は9月からはほぼ全員が塾へ毎日自習に来てました。学校から帰って少ししたら塾へきて勉強して、帰るのも23時過ぎであったり、24時近くであったり…

現在は、自習に来る生徒が0ではないものの、少ないですね。家で勉強していればいいですが、平日は5時間を確保するのはなかなか自宅だけでは困難な気がします。誘惑があるので…

そして、できないところを何とかしようとするよりも与えられたものをこなしていくことがメインになってしまっていることです。勉強はできないところをできるようにするためのものです。ノートをきれいに書くとか作るとか、あるいは、やらなければいけないことはやるのですが、やけに時間がかかっていたり・・・

そもそもやるべきことは、点数を上げること、順位を上げることですので、そのために今やるべきことは何かをしっかりと考えて取り組んでほしいですね。

私立高校入試まではあと4か月ちょっとです。あっという間ですから、もうやらなければそろそろ間に合わない期間にも突入してしまいます。苦手な科目やできないものは早く何とか手を打たなければなりません。

一度だけ記事で書きましたが、私が過去に塾指導の中で、ものすごい短期間でものすごい点数アップをした生徒もおります。

それは学校のテストで300点前後だった生徒ですが、入試の過去問で260点くらいしか取れなかった生徒が、わずか2週間ちょっとで380点くらい取れるようになりました。

この生徒は、学校がない日は朝9時から夜は23時まで勉強をしました。学校がある日も朝早く起きて、そして帰ってきてからも勉強しました。食事の時間も最小限にしてやったのです。これが良いことかどうかは別として、本気で成績を上げたいと思って、本気で努力すればまだまだ成績アップは可能です。2週間で上げるわけではありません。まだ4か月あるのです。

中学3年生だけに限らず、他の学年でも成績を上げようと思ったら、強い意志を持って1回くらい本気でやりぬいてみてください。


▼最近の投稿記事▼



▼記事カテゴリー一覧▼

コメント


認証コード0803

コメントは管理者の承認後に表示されます。