小学5年生の算数は

深谷市の彩北進学塾のブログです。

さて、小学生の算数は奇数学年がつまずきやすいとよく書いてますが、昨年度の指導要領改訂によって、どの学年でもつまずきやすい単元が入っております。

しかし、やはり小学3年生および小学5年生の算数はその後のことを考えてもとても重要で、特に小学5年生の算数でつまずいてしまうと中学以降に影響を与えてしまいます。

多くの生徒が苦手になる割合や速さといった単元は言うまでもありませんし、単位なども先々を考えるととても大切なことです。

それほど大変に思えない単元でも、実は重要な単元があります。それが小学5年生の、倍数・約数ですね。倍数や約数なんて簡単、とよく言われることがありますが、そのモノ自体の問題ではなく、意味をきちんと理解して解いていないとただの作業のようなもので終わってしまいがちです。

分数の約分や通分もそうですし、方程式などでも分数の問題では必ず必要な知識です。また、倍数とは何なのか、約数とは何なのかをきちんと知っている、知らないでは、文章題でも差になってしまいます。

今やっていることは何を出しているものかを意識して問題を解く必要があります。ここが理解できていない場合は分数の計算でつまずく原因になりますし、中学生になった後に分数になるとできなくなってしまい要因です。

小学5年生は、先ほども書きましたが、それ以外でも「単位量」や「速さ」の問題があります。

数学的な考え方を身につけるための重要な単元です。

小学生の勉強はもちろんどの学年も非常に重要ですが、小学5年生でつまずかないようにしておく必要があります。


▼最近の投稿記事▼



▼記事カテゴリー一覧▼

コメント


認証コード8757

コメントは管理者の承認後に表示されます。