お父さんもお母さんも頑張りましょう

無料体験授業を実施中です。彩北進学塾の指導の実際をお確かめください。

さて、大学入試のほうは本日・明日と大学入学共通テストですね。彩北進学塾の卒塾生でも受験する生徒がおります。新型コロナウイルスの影響で本当に今年の受験生は大変かもしれません。気持ちが入試どころではなく、心配事が新型コロナ感染のほうかもしれません。それでも今日と明日とやってくるわけです。自分の持っている力を普段通りだして、良い結果に結びつけてくれることを祈るのみです。

さて、高校入試も近づいてきております。

ここまでくると、もちろん勉強は頑張るのですが、体調管理に気を使わなければなりません。

そして同時に、この時期になると子ども以上に親のほうが焦ります。意外に子どものほうがどっしりと構えていて、ご家族のほうが落ち着かずそわそわしてしまうことが多いようです。特に初めての受験生を持つご家庭では、心配で子どもにいろいろと口出しをしているのではないでしょうか。

受験生に限らず、小学高学年からはもう親が勉強のことに口出しをしすぎるのはよくないのですが、特に受験生に対してこの時期はさらにそう思います。親のほうが焦っているので、子どもにあれこれ口出しをしてしまいがちです。

気持ちはとてもよくわかりますが、親ができることは食事の準備と、信じてあげることくらいです。子どものことを信じてあげてほしいのです。本気で信じてあげられるのは親だけです。塾でもまだいろいろと指示されたり指導されたり叱られたり…となりますが、どうかご家庭では自分の子どもを信じて見守ってあげてください。たとえ最終的にどういう結果になろうとも受験まで頑張ってきて子どもをしっかりと認めてあげてください。ありのままを受け入れてください。

この時期にあれこれ言いたくなる気持ちをぐっとこらえて、子どもを信じきってください。テレビ、漫画、ゲーム、スマホ…すべて禁止しても意味がありません。受験生のこの時期だからと言って朝から晩まで勉強のみ、ではかえって結果が良くなりません。体を動かしたり、リラックスしたり、楽しんだり、悲しんだり、他人とお話をしたり…

受験生であっても15歳の一人の人間です。人生で1度しかない15歳の毎日を勉強だけで終わらせてしまっては、学力以外のことが心配になってしまいます。

よって、くり返しになりますが、ご家族の皆さん、特にお父さんやお母さんは、子どもの受験に協力する気持ちがあるならば、ぜひ信じることと見守ること、最終的なところは受け止めてあげるというメッセージを出すこと、これらをお願いいたします。体調管理も含めて食事をとらせることと睡眠時間を確保することもあわせてお願いいたします。

コメント

  • お世話になっております。私は英語と数学が苦手でしたが中3になり今までより真剣に勉強したら得意になりました。しかし数学は克服できず、高校生になって益々苦手になりました。

    文系なので英語はどうにか克服できましたが数学は難しいでしょうか?過去の記事を拝見させて頂くと掛け算九九をすらすら言えないとその後も躓くと記載がありましたね。

    小学生の頃から苦手意識があったので小学生の内容からしっかり身につけるのが良いですよね?簡単に克服する魔法はないと思うので。


  • 魔法はないですね

    >>雪子さん
    コメントいただき、ありがとうございます。

    さて、まず小学校段階での学習は大事ですね。猛勉強する必要はないと思いますが、やはりすべての教科の基礎の基礎となる部分ですので、その後に与える重要度はだいぶ高いかと考えます。

    算数・数学は、「型」を理解して、パターンを頭に入れて、違いを比べながら、ということが大切ですので、早い段階でしっかりとした学習の仕方が身についているとよいと思います。

    とはいえ、私も数学は高校でつまずきましたが…


  • >>2
    確かに全ての教科における基礎なのでその後に与える影響は大きいですよね。特に数学は積み重ねの教科なので小学生の内容で躓くと後で益々わからなくなりますよね。

    型を理解してパターンを頭に入れて違いを比べるというのは初耳です。文系の私は努力でカバーしていきたいです。いつもありがとうございます。



認証コード4496

コメントは管理者の承認後に表示されます。