英語はなかなか手ごわい

深谷市栄町にある英語に強い彩北進学塾です。

毎度、英語についての話題を書いておりますが、英語で苦労している生徒の中で幼いころや小学生のころに英会話などを習っていた生徒が非常に多いのに驚きです。

英会話=英語ができるわけではないのは当然ですが、せめてリスニングはできてほしいものですが、それがそうもいかないわけですね。勉強の英語と英会話は別ものということがわかります。

英会話では日常会話を習っていると思いますが、あくまでも会話ですから、書くのは苦手だったり、文法は分かっていなかったりということが原因になると思います。単語量もそれほど多くないわけですね。会話で使う語彙数はそれほど多くないでしょうし、教科書に出てくるようなものがあまり使われていないというのもあるでしょう。

英会話を否定するつもりもありませんし、英会話はとても良いと思いますが、それがすなわち中学・高校の英語のテストにはつながりにくいということです。

聞く・話すが重視されているので、英会話の担う役割は多々あると思います。しかし、現実問題として、まだ高校入試や大学入試では、単語力・文法力、そして書けることが点数につながるわけです。

4技能と叫ばれてだいぶ経ち、読み書きだけでなく、聞く、話すが入ってきておりますが、英会話だけでは足りないので、文法などと双方が補いあう必要があるのではないかと感じております。英会話をやっていても文法問題は全然できないという生徒が非常に多いのを見て、そう感じるわけです。

来年度は高校が指導要領改訂になり、英語も大きく変わっていくと思いますが、その変化に対応するためにも、英語のありとあらゆる知識や技能を習得しなければいけませんね。

いずれにしても、語彙力と文法は欠かせないのは確かです。

彩北進学塾では2021冬期講習会を受付中です。



▼最近の投稿記事▼



▼記事カテゴリー一覧▼

コメント


認証コード6140

コメントは管理者の承認後に表示されます。