今年の漢字

塾の話とは関係がありませんが、今年の漢字が発表されましたね。

「戦」

でした。

詳細は、漢字検定協会ホームページで確認できます。

私も毎年のように勝手に予想はしておりますが、なかなか当たりませんね。

オリンピックが行われた年は「金」になることが多いですが、それ以外の年の今年の漢字は暗い、マイナスのイメージのものが多い印象です。

ロシア・ウクライナの戦い、物価高による生活の戦い、スポーツにおける熱戦などが理由になっているようです。

今年の漢字が明るい文字になる年が増えるとよいですが...

彩北進学塾の1年を振り返ってみて、もし今年の漢字を決めるとしたら、「戻」でしょうか。

コロナの前に行っていたイベントなどが今年、ほぼ普段通りに戻って行われたのが理由です。

私の個人的な1年を振り返ってみての今年の漢字は、「涙」でしょうか。

うれしい涙、感動の涙、悲しい涙、つらい涙などずいぶんといろいろな意味で泣いた1年でした。

塾も自分もやはり振り返ったときに明るい漢字になるようにしていかないといけませんね。

来年はどんな年になるのか、というよりどんな年にしたいかを考えて行動していきたいと思います。

今年の漢字

コメント


認証コード5230

コメントは管理者の承認後に表示されます。