新学年がスタートする前に

深谷市にある彩北進学塾です。

早いものでもう3月も終わりが見えてきています。春休みも終わりが近づいてきているわけです。

毎日、SNSや動画、あるいは友達と遊び、または寝てばかりいるような生活になっていないでしょうか。学校の宿題も夏や冬に比べると少なく、自由に過ごせる春休み。勉強から遠ざかってしまっている人も多くいることでしょう。

新中学1年生はまだ中学生という実感はわかないでしょうが、新中学2年生以上の皆さんはしっかりと準備をしておかないといけません。まだ学校も始まっていない状況ですから実感がわかないかもしれませんが、最初の中間テストまで実はもうあと1か月半ほどしかありません。

中学校では5月の中旬、高校では5月の下旬あたりが最初の定期テストになります。今までとまた同じことをやるのでしょうか。学年が変わるわけですから、勉強の仕方や気持ちの持ち方なども変えるチャンスです。特に点数があまりよくない、点数が悪くていつも反省ばかりしているようであれば同じにやればまた同じ結果かそれ以下になるのは目に見えております。

そして、当然今やらなければ、その時期が近くなって慌ててやり始めて、その結果点数がまた悪くなるという悪循環を繰り返すのみです。

彩北進学塾の春の講習に来ている生徒のほとんどが、授業の前後や授業がない日に自習をしております。今までの復習をする生徒、新学年の予習をする生徒などさまざまですが、みんなが遊んでいるときにしっかりと学習の時間を作って取り組んでいます。

卒塾した中学3年生たちも春の講習を受講している生徒が多く、また4月からも継続する生徒もおります。それは今まで頑張ってきた学習のリズムを継続させるためです。

それ以外の学年の生徒もじっくり時間をかけて苦手を得意にするために頑張っています。

家にいるとスマホや動画ばかりで誘惑に負けてしまうというのであれば、塾に通うことによってそこを改善できる可能性があります。自分では何をしていいのかわからない場合でもアドバイスももらえるので、何をすべきなのかが明らかになります。

勉強はなかなか自分から進んで取り組むことが難しいものだと思います。だからこそそういうときこそ第三者の力を借りるのが良いでしょう。家から出て塾に行くだけでも雰囲気が変わり勉強面へよい影響を与えてくれます。

自分で家でできればそれが理想ですが、なかなかそうもいかないのが現実かと思います。

塾へ行く、行かないいずれにしてもあと少しの春休みです。苦手なものはそのまま残さず、そして新学年の準備もできるだけしておくことが今後に生きてきます。

何をしていいかわからないという前に、まずは始めることです。出来ない言い訳ややらなくていい理由を考える前にやりだしてしまいましょう。やるものはたくさんあるはずです。

新学年がスタートする前の今だからこそやれることを残りの期間、毎日取り組んでくださいね。

特に英語の文法や単語、数学の苦手な単元は、新学年でつまずく原因になりますので、きっちり詰めておくことをお勧めします。

コメント


認証コード7483

コメントは管理者の承認後に表示されます。