塾での自習のメリット

彩北進学塾では、できるだけ毎日の自習を奨励しております。

これは理由がたくさんありますが、まず1つ言えることは、中学生はなかなか家で勉強をしないということです。家ですとさまざまな誘惑の要素が多くあります。また、休もうと思えばいつでも休憩で来てしまう環境にあります。そして、雰囲気や気持ち的になかなか集中しずらいということがあります。

塾でやると、当然、余計な誘惑はありませんし、周りも授業や自習などをしておりますので、必然的に集中できる環境におかれるということです。

また、過去の生徒を振り返ってみても、成績がものすごく伸びたり、上位に入ってきたり、高校生になってから見違えるほど良くなった生徒などに共通していることが、「ほぼ毎日自習に来た」という点が挙げられます。

そして、家でやるのと違い、塾で自習をするメリットといえば、私はこれを重視しておりますが、「生徒の学習状況を把握」することができるのです。

家で勉強をしている場合、何をしているのか聞いただけでは具体的にわかりませんし、たとえ、ノートなどを持ってきてもらったとしても、見えないものがたくさんあります。

塾でやる場合は、「自習」ですので、ずっとつきっきりなわけではありませんが、ちょくちょく状況を把握することができます。何の教科のどこをやっているのか、どんな学習をしているのか、どのくらいの時間をかけているのか、どれだけ集中しているのか・・・その他にも数え切れないほどのメリットがあります。

勉強法が間違っていたり、内容が偏っていたり・・・結構多いものです。

また、質問もできるというメリットは大きいですね。家で勉強をしていても、やろうと思えば、電話・FAX、メール、各種SNSなどがありますが、やはり伝わりにくいものもあれば、微妙なニュアンスの違いが生じてしまいます。

自習に来るまでがまずは最初のハードルになってしまう場合もありますが、まずは、来ること、を最初に自分に課して、毎日勉強する習慣をつけて、そして、それが日常になってきたら中身も充実させていきましょう。

コメント


認証コード4624

コメントは管理者の承認後に表示されます。