中間テストまで1週間

2学期の中間テストまで約1週間となり、多くの生徒が毎日塾に来て長時間学習しております。

授業の日も授業前に早くきたり、授業後に残っていったりと、時間をかけて学習をしている生徒が多くなってきました。

先日も書いたように2学期の中間テストは範囲が広いだけでなく単元も難しいものが多いため、しっかりと準備をしておかないと高得点が望めません。それどころか急激に下がってしまう恐れもあるわけです。

5教科ともに範囲が広く、提出しなければならない学校のワークもページ数を見ると非常に量が多くなっております。終わらせることもそうですが、それだけでなく理解もしてできないところやわからないところをきっちりやっていくとなると時間が足りませんね。

中学1年生はおそらく今回のテスト勉強を通して、中学校の定期テストの準備は結構大変なことを実感することと思いますが、今回の経験を今後に生かしてほしいと思います。

テストの範囲表が出てから始めると間に合わないこと、普段からやっておかないと時間が足りないこと、ワークを終わらせることだけでテスト勉強が終わってしまいかねないことなどを身をもって体験しているはずですから、普段の何もない時から常に勉強をしておく必要を感じてほしいと思います。

テスト前だけ勉強をしてもその時はそのテストの結果はもしかしたら点数が取れるかもしれませんが、短期間で学習したものは定着しませんし、すぐに忘れてしまいます。日ごろから時間をかけて繰り返しやっているものには到底かなわないので、学習習慣を身につけておくようにしておきましょう。

資格試験も近くなってきました。

うまく時間を見つけてやれることをやって、何度も言いますが、「終わらせること」が目的となった学習にならないようにしましょう。

終わらせることだけを目的にしている勉強は、全くと言っていいほど効果も成果もゼロに等しいので、できないところをできるようにする、苦手なところに時間をかけて何とかすることが何よりの学習です。

まだ1週間残っていますから、ワークを理解して進めていくようにしてください。

彩北進学塾では明日・明後日とテスト対策の授業があります。そして、テスト当日には早朝特訓もありますので、まだまだできる限りの準備をしておきましょう。

コメント


認証コード9187

コメントは管理者の承認後に表示されます。