国語の学習は重要

深谷市にある埼玉県公立高校入試と中間テスト・期末テストに強い塾 彩北進学塾です。

さて、勉強はどの科目も重要です。国語・数学・英語・理科・社会ともちろんその他の実技教科も含めてそうだと思います。

ところが勉強をしている様子を見ていたり、自習の様子を見ていると、国語の勉強をしている生徒をあまり見ることがありません。いや、ほとんどいないといってもよいのではないでしょうか。やっていても、学校から出された宿題だけであったり、漢字の練習だったり…

それでいて国語の点数が上がらない、とか、国語が苦手、と嘆いている生徒も多いわけです。何もしていないのだから当然といえば当然ですね。テスト前にワークはやっているので学校の中間や期末テストでは点数が取れても、いざ北辰テストや実力テスト、塾の中で行われる業者のテストなどでは点数が全く取れないケースもよくあります。

国語は、国語だけでなく、他の数学や理科、社会、英語、そして実技教科にもつながります。どの科目も日本語で考えるから、というのはもちろんですが、最も大きいのは問題文の意味が分かるかどうかということです。問題文が理解できなければ問に答えることはできませんし、聞いている意味が分からなければ答えを考える以前に終わっています。

そして、もっといえば、書いてある文章自体がきちんと読めなければ何も理解できないということです。短い文章でもきちんとした意味が分からない生徒は非常に多いのが現状です。読解力という言葉がよく使われますが、読解力だけでなく、語彙力もそうですし、それよりもまずきちんと書いてあるものを読むことができないという状況になっているケースが実に多いのです。

国語の力をつけるには、先ほど挙げたように、語彙力も必要ですし、しっかり読む力も必要です。そして漢字もそうですね。さらに文法もしっかりと理解しているとおかしな文章になったり、変に理解してしまうこともなくなるでしょう。音読もきっちりやっていくことでだいぶ力がついてくるはずです。

そういったものの練習のためにも国語はできれば毎日勉強しておきたいものです。

何もしていないのであれば、まずは活字に慣れるところからスタートでしょうか。ですから、毎日文章を読むところからです。まだ問題を解く状態にはなっていないはずですから、読むことから始めましょう。意味が分からないものは調べることが必要です。前後からなんとなくはわかるかもしれませんが、全く違う意味だとしたら、内容自体が変わってしまいますので、聞いてでもよいので意味を理解して語彙力を1つ1つつけていきましょう。

そのあとに、少しずつ問題も行うようにしていくと思いますが、問題文をしっかり読むことが重要です。当たり前のようですが、これが意外に抜けているのです。いわゆる思い込みというか決めつけというか、「~字以内で書きなさい」なのか「~字で書き抜きなさない」なのか、「考えて~字程度で書きなさい」なのか全く違いますね。選択肢の問題でも、「当てはまるものを1つ記号で答えなさい」なのか、「~とは異なっているものを1つ選びなさい」なのか、「当てはまるものをすべて選びなさい」なのか・・・これも全く聴いていることが異なっております。

こういったところを読まずに思い込みでやってしまう生徒が多いのです。あるいは、「なぜ~ですか?」と聞かれていたら答えの最後は、「~から(ので)」としなくてはいけませんし、「どういう人ですか?」と聞かれていれば「~人。」となるはずです。

このように問題だけをとってもきちんと読めない・読まない人が多いのです。細かいことかもしれませんが実はとても重要なのです。国語に限らず、選択肢の問題が最も簡単だ、と思っているうちはダメです。選択肢の問題が一番難しいのです。

そういった細かいところができるようになってはじめて本文の読解やら内容になるのではないでしょうか。

まずは国語の学習を始めることからです。

彩北進学塾では小学生は国語の授業がありますが、意味調べや作文、文法の練習もおこなっております。現在、読解力を身につける講座も随時受け付けております。
20191226_131059979.jpg

中学部は国語は原則必修です。中3生は必ずです。

国語の力をつけると他の科目にも良い影響を与えます。なんとなく、でできてきた人は入試までにきっちりとどんな文章・どんな問題でも得点できるようにしておきましょう。中学部は国語のみというコースはありませんがどのコースでも国語があります。学校の教科書内容の勉強とあわせて読解も行っていきますので、無料体験などどうぞ。

コメント


認証コード1829

コメントは管理者の承認後に表示されます。