音読の重要性

埼玉県深谷市にある彩北進学塾です。

今日は漢字検定(漢検)を実施いたしました。

準2級~8級の受験者がおりました。

2週間後は数学検定です。

さて、久しぶりにオススメの勉強方法の1つである「音読」について書いてみようと思います。以前はよく「音読」は重要というような内容の記事は良く書いていたのですが、最近はあまり触れていませんでした。

ということで、勉強方法の中に、「音読」を取り入れてみましょう。

音読は思った以上に効果があり、メリットがたくさんあります。恥ずかしがらずに家の中でしっかり声を出して音読をしてみましょう。

音読は国語や英語が効果的ですがそれ以外の教科でも音読するメリットはたくさんあります。

まずやる気がなくても音読ならできるということです。どんなに勉強のやる気がなくても「読むだけ」ですからやれる可能性が高いですね。始めてしまえば、もしかしたら勉強のやる気が出てくるとおもいます。

そして、人間は読めないものは覚えられないわけですから、まずしっかりと漢字などは学んでおくことが必要です。読めないものは覚えられないということは、きちんと声に出して読めるという状況になっていればそのあとはどんどん読むことで力がついてきます。

語彙力の向上・漢字の力の向上・記憶力の向上、読解力の基礎が向上などが効果としてあげられますが、ストレス発散にもなります。

音読は何回もした方がよいのはそうなのですが、そんなに何度も何度も読む必要はありません。むしろ読んだ内容のアウトプットが重要になってきます。読んだ内容を思い出すということですね。何度も読む=インプットですからインプットだけでなくアウトプットしてから覚えることができます。

未就学や小学生であれば、音読が終わったときにどんな話だったかなど内容について質問するとさらに効果的だと思います。

音読するときは、小さい声ではなく、ある程度普通の声で自分の音声を自分の耳でしっかりと聞くことが重要です。また、読むスピードが速すぎても遅すぎてもいけません。慣れてくればだんだんと速くなりますし、分かりやすくもなります。

毎日とは言いませんが、日ごろから音読の習慣をつけておくとよいでしょう。


▼最近の投稿記事▼



▼記事カテゴリー一覧▼

コメント


認証コード7909

コメントは管理者の承認後に表示されます。