毎日必ず学習を

深谷市にある彩北進学塾のブログです。

さて、当たり前のことですが、毎日コツコツと勉強をすることは重要です。誰もが知っているのになかなかそれができないわけですね。だからこそそれが差になっていってどんどん学力差が生まれてきてしまいます。

勉強は短期間で身につくものではありません。短期間で身につけたものは短期間で忘れてしまいます。継続することの重要性は言うまでもありません。中学3年生は受験までの残りの期間がどんどん減っていく状況なのでよい緊張感で学習に取り組めていることと思いますが、もしそうでないならば今やらなければもうチャンスはほぼありません。まだ残りの期間が公立高校であれば60日ちょっとあるわけです。あきらめるのは簡単ですが、まだまだ第一志望を目指して勉強する時期です。今下げたら下げた高校ですら行けなくなってしまいます。常に緊張感を持ってやり続けるしかありません。その結果が高校の学習にも生きてきます。

中学1・2年生は、学年末テストまで何もしないで済んでしまいますが、そうするとおそらく学年末テストはぼろぼろです。テスト範囲はほとんどが1年間全部となるでしょうから、1学期、2学期内容で抜けているもの、できていないところ、分からないものなどをきっちりやりなおす必要があります。それが今ですね。時間的に余裕があるはずです。学校も短縮になって、部活動も冬時間ですから早く終わっていると思います。ここで始めておく必要があるわけです。この小さな積み重ねが最終的に学年末テストでの差になってしまいます。

英語の平均点だけでなく他の教科の平均点が低くなっている各中学校。在籍している中学校の1校は中学2年生で5教科の平均点が220点台という恐ろしい数字になっております。これから中学3年生になって北辰テストを受験したら、実はこんなに低い位置にいたのか、とならないように準備しておきましょう。

毎日やる学習には勝てません。毎日やることが当たり前になれば苦にならないわけです。たまに勉強するから大変なわけで、それが日課というより生活リズムの一部になってしまうようまずは2週間つづけていきましょう。



▼最近の投稿記事▼



▼記事カテゴリー一覧▼

コメント


認証コード5822

コメントは管理者の承認後に表示されます。