入試が終わった中学3年生へ

深谷市の彩北進学塾です。

中学3年生は高校入試が終わって最初の日曜日ですね。ゆっくり過ごしていることと思います。

合格発表はまだですが、もう入試が終わっている今、何もすることがない状態でしょうか。おそらく今まで必死にやってきた勉強から解放されて、テレビやゲーム、SNSに漫画など我慢してきたことを存分に楽しんでいるかもしれません。

それはそれでよいとは思いますが、受験勉強のようにとは言いませんが、せめて毎日2時間の学習時間を取ってほしいと思います。

いつも書いているように、高校の合格がゴールではありません。受験が終わればすべて終わりではないですね。高校に入ってからのほうが勉強は中学校以上に大変なのです。高校に入学してから頑張るからいい、という声も聞かれますが、皆さんの思っている以上に高校の学習内容は大変です。

高校からの課題が出るまで何もしない日々を過ごしていると、入学後の最初からつらい思いをすることになります。せっかく高校生になっても勉強に追われて、補習三昧で、テストも赤点ぎりぎりで・・・となってからでは遅いのです。特に中学ではあまり勉強をしないで思ったような成績を残せなかった人や志望校をあきらめて下げて受験をした人は同じ過ちをしないようにしましょう。

そのためには、まずは英語と数学です。

中学校内容をきっちり理解して高校生になりたいですね。

英語で言えば、中学までで習った英単語はほぼ覚えておく必要があります。また、文法事項も高校に入るとものすごく難しくなりますので、やはり中学校内容は落とせません。そして、英語はやらないとすぐにできなくなりますので、できる限り触れる時間を確保しておく必要があります。高校の教科書の文章も長いですから、英語の長文にも慣れておく必要がありそうです。

数学は、高校生になって最初から落ちこぼれてしまう人が続出します。まずは中学3年生で習った、乗法公式・因数分解・平方根・2次方程式を完璧にしておきましょう。もちろん、その前提となる文字式や方程式などができなければなりません。そして、可能であるならば2次関数も基本的なことは理解しておくと高校生になってから困ることが少なくなるはずです。

余裕があるならば、歴史や地理もやっておきたいところですが、毎日2時間をやると決めれば英数それぞれ1時間ずつは勉強をしておきましょう。高校から課題が出ると上記の内容も必ずやることになりますので、できないままだと課題をやるだけで春休みが終わってしまいますので、1つでも多く、中学の内容を理解して高校生になってください。

高校生になると定期テストでは、点数が取りにくくなり、また勉強も中学校の時のような感じだと足りません。授業自体も進みが早くなりますので、できないところがあるとあっという間にすべて分からなくなってしまいます。高校の学習は予習・復習を上手に行うことで、授業の理解度も深まります。

遊びたい気持ちもわかりますが、遊ぶだけではなく、必ず2時間の勉強をするようにしてください。

彩北進学塾では例年、3月中までは中学3年生は自習も可能ですから家だと勉強モードにならない場合は、塾で2時間をやると決めてしまうのも良いかもしれませんね。

合格発表までは緊張するかと思いますが、どういう結果になっても高校生にはなるでしょうから、やれることをやっておくべきだと思います。高校は楽しいですが、楽しさを倍増するためにも、勉強に追われて苦労した3年間にならないようにしてくださいね。

コメント


認証コード1277

コメントは管理者の承認後に表示されます。