お母さん・お父さんにやってほしいこと

深谷市栄町にある彩北進学塾です。

夏の講習も11日目が終了しました。

いよいよ折り返し地点となっております。

さて、保護者の皆様に夏休み中にやってほしいことを書いてみます。

・規則正しい生活習慣を守らせる

特に休みになると起床時間・就寝時間が極端に変わってしまう場合が多いです。まだまだ残り長いですが、学習面だけでなく、この生活習慣をきっちり守らせることが何よりも重要です。

最低限、就寝時間だけでも守らせるとよいと思います。

・日記や手紙を書かせてみる

宿題以外で全く文字を書くことがないなんてことにならないように、日記を書いてみる、誰かに手紙を書いてみるなど活字に触れさせておくことも重要です。

・1日に1度は親子で食事を

休みになると子どもだけで食事をするケースも触れるかと思います。塾があると3食すべて別々ということもあるかもしれません。しかし、可能な限り、親子で一緒に食事をするときが多いとよいと思います。夏休みを機に子どもの態度や生活が変化してしまうことも多いです。そういったちょっとした変化に気付くこともそうですし、何よりも会話をすることで、親子のコミュニケーションをしっかり取ってほしいと思います。

・スマホを使わない日を持たせましょう

普段からスマホに依存している可能性がありますが、休みとなると1日中スマホ、ということもありえます。スマホで友達とのやり取りをしたりSNSを見たり、といろいろあると思いますが、長い夏休みの中で何日かは、スマホなしの生活をさせてみてください。スマホがなくても十分楽しめるような日を作れるとよいと思います。

そして、もし可能であれば、親もそういう日を子どもと一緒に作り、親子そろってスマホなしの生活を送ってみる野も良いかもしれません。

・読書

やはり長い夏休みです。読書感想文で仕方なく読書、というパターンはあるかもしれませんが、そうではなくて、いろいろな本を読ませてほしいと思います。そのためには、大人が自ら読書を楽しむことが必要です。本を読んでいる姿を見せて、子どもにも興味のあるものでよいので、せめて3冊くらいは夏休みの間に読んでほしいと思います。

・勉強時間は確保

夏休みにやるべき勉強は、何よりも重要なのは「1学期の復習」です。2学期からの学習は、難しくなります。1学期にできないものがたくさんあった、という状態でそのままにしていると2学期は落ちこぼれ間違いなし、くらいの勢いになってしまいます。

中学3年生は言うまでもありませんが、他の学年も、学習習慣を崩さずに毎日勉強する時間を取らせてください。計画を立ててその計画に沿って実行できるとよいですね。

すでに夏休みも残りが22日ほどですが、ぜひ残りの期間で実行してください。

コメント


認証コード8365

コメントは管理者の承認後に表示されます。