中学3年生の進路希望調査結果

深谷市の彩北進学塾です。

さて、昨日、埼玉県教育委員会より中学3年生の10月1日時点の進路希望調査結果が発表されました。

毎年、この時期になると入試の日がより迫ってきたなと感じます。

10月1日時点での数字は、最終のものと比較してもだいぶ異なるため、中学3年生は参考程度として確認するようにしてください。この数字を見て、志望校を変えたり決めたりするのはまだ早いということです。

今年も近隣の高校の数字だけはこちらに記載してみます。

記載している数字は、倍率です。

・熊谷高校… 0.86

・熊谷女子高校… 0.75

・熊谷西高校(普通)… 1.68

・熊谷西高校(理数)… 1.43

・本庄高校… 1.31

・深谷第一高校… 1.31

・深谷高校… 0.86

・深谷商業高校(商業)… 1.04

・深谷商業高校(会計)… 0.68

・深谷商業高校(情報処理)… 1.31

となっております。

例年通り熊谷西高校や本庄高校、深谷第一高校が高い倍率となっておりますが、熊谷高校や熊谷女子高校はだいぶ低いと言わざるを得ません。

私立高校の状況を見てみると、昨年と比べて進路希望者が多くなっているのが、大妻嵐山高校、正智深谷高校、東京成徳大深谷高校、東京農業大学第三高校、本庄第一高校、早稲田本庄高校と近隣の私立高校はいずれも増えております。若干数ですが、減ったのは本庄東高校です。

次回は12月15日時点での進路希望調査となるわけですが、結果は1月になるので、受験生はこの数字に一喜一憂することなく、志望校に向けて日々の受験勉強を頑張るのみです。

その他の学校や詳細については、埼玉県教育委員会のページよりご確認ください。

今日現在で、県内私立高校入試まではあと83日。公立高校入試まではあと113日となります。

コメント


認証コード5758

コメントは管理者の承認後に表示されます。