継続が一番

深谷市にある彩北進学塾です。

先週1週間はインフルエンザでお休みをいただいておりました。

今年はコロナにもなり、インフルにもなり、その他いろいろ…ということでブログをこんなに書かない年は初めてかもしれません。またこれから書いていこうと思いますので、皆さんよろしくお願い申し上げます。また、まだまだインフルエンザが流行っておりますので気を付けてくださいね。

さて、中学3年生はいよいよ約1か月後に私立高校の入試、2か月後には公立高校の入試という時期になりました。間もなく冬の講習も始まりますが、まとまって学習ができるのもこれが最後のチャンスです。

期末テストも終わって、北辰テストも結果が返ってきてとなっておりますが、中学3年生に限らず他の学年でもそうですが、なかなか結果が出ない生徒はやはり継続するのが苦手です。にがてというより続けることを続けられません。

生徒面談や三者面談でやるべきことなどを伝えてモチベーションもやる気も上がって早速やり始める生徒は多いのですが、数日後にはもうやめている生徒が多くおります。

勉強は数日間続けたくらいでは結果は変わらないどころかマイナスです。継続することが何よりも強いのです。計算問題にしろ英単語にしろどんな勉強でも途中で辞めてしまっては何も身に付かないわけです。勉強を普段全然していない生徒は数日やっただけで「いっぱい勉強したから点数も上がる」など言いますが、そんなわけありませんね。ちょっとやったくらいで結果が出るようなものではないのです。

よって、中学3年生には例年伝えていますが、これからクリスマスやお正月などイベントが盛りだくさんです。もちろん、それ自体は良いのですが、それらの日を特別な日にしてはいけません。「今日はクリスマスだから」「お正月くらいは」という理由で勉強をしないというのは最もダメな考え方です。クリスマスもお正月も1日は1日です。残りの期間が少なくなってきている中、大事な1日です。クリスマスもお正月も合格発表の日まで待ってくださいね。日々の学習をその日も継続してください。

勉強は毎日コツコツとやることで相当な力になります。まだまだこれから伸びる生徒も多くおります。何をやるのしても継続していくことで身に付きます。この冬に理科の電気の単元を克服するなら毎日やらないといけないわけです。計算ミスをなくしたいなら毎日計算問題をやっていきましょう。

続けることで結果になるわけですから、ちょっとやって辞めたり、ちょっとやって成果が出ないからと言って文句を言ってないで、結果が出るまでやり続けましょう。

※彩北進学塾の冬の講習の受付は明日が最終日となっております。

コメント


認証コード4479

コメントは管理者の承認後に表示されます。