文章が長い

深谷市にある彩北進学塾です。

春の講習は2日目が終了しました。

さて、講習での授業の中で英語はちょっとした長文が出てきます。その時にある生徒が、「文章が長すぎる」という言葉を発しておりました。そのあといろいろと話をしてみたら、北辰テストとか模試とか国語も英語も長すぎて、と言ってました。

じゃあどうしているのか聞いてみると、問題を見て傍線部のところの近辺だけ見て探しているという返答。

小学生の単元ごとに行われるテストであればそれでも何とかなりますが、実際に得点に結びつけるにはそういった読み方はお勧めできません。

彩北進学塾では、必ず文章はしっかり読むように伝えております。そうすると、「時間が足りなくなる」と返ってくることが良くありますが、では急いでやって、傍線部周辺だけを見て時間内に終わらせると正解できているのかというとそうでもないわけです。

まずは普段から時間を気にせずにしっかり読んでみることが大事です。きちんと読解をしたうえで正解を導きだせるようにすることが何よりも重要です。ゆっくり時間をかけてやってもできないようなら、急いでやって正解するわけがありません。

また、しっかり読むのも続けていけば読むスピードが上がります。読むスピードが上がれば内容理解もよくなっているわけです。しっかり読んで、時間も早くなれば問題を解く時間も十分取れるはずなのです。国語でも英語でも同じですね。

全く長文を読んだり勉強をしたりしない人が、急にテストで速く読めるわけがないですし、点数になるわけもありません。ですから、国語や英語の長文は勉強をしなくてはいけないのです。早ければ早い方がよいですね。訓練というか慣れも大事ですから。

そうやっていくうちに文章が長いと感じなくなっていくわけです。長いと思っているうちは得点も期待できません。そう思わなくなるくらいにやりこんでおけば自然と点数も上がっているはずです。

もちろん国語で言えば語彙力、英語で言えば単語の数も必要ですが、問題の文章を見た時に、圧倒されているようでは語彙力以前に負けております。「よし、やろう」という気持ちになってからですね。

文章が長いと思う人は、今日から早速、文章を見てしっかり時間をかけて取り組んでみてください。1日1題でも大きな力になります。

コメント


認証コード6858

コメントは管理者の承認後に表示されます。