1つ上の高校へ

深谷市にある埼玉県公立高校入試に強い彩北進学塾です。

この時期になると、この春に行われた埼玉県公立高校入試の結果の詳細がいろいろと分かってきております。

特に気になるのは、それぞれの高校に合格、あるいは不合格になった生徒の内申点や当日の点数ですね。

毎回同じようなことを書いておりますが、やはり「内申点」は非常に大きいです。

埼玉県の公立高校入試は、当日の得点と内申点の合計になるわけですが、どちらかがよくてももう片方が悪いと高校選びにも影響します。当日の点数では失敗しても内申点でいくらでも逆転があるので、やはり日ごろからしっかりとコツコツと、そして繰り返しを行う必要がありますね。中間・期末テストでの点数はもちろん、日ごろの授業を大切にしないといけません。

中学3年生になってから勉強を始めて、成績が伸びてくる生徒はたくさんいますが、いざ成績は伸びてきたときに自分が考えていたより上の高校を目指せるくらいになったときに、内申点が全然足りなくてあきらめるというのは、結構あるのではないでしょうか。せっかく努力して学力は上がってきてもそれまでの内申が低いとそういう状況になる可能性もあるわけです。

必ずしも良い高校にいくことが良い人生ではありませんし、トップ校へ入ることがすごいことでもないでしょう。まして勉強だけがすべてでもありませんが、今のレベルより1つ上の高校を目指し、そこに入学することで、見える景色が変わるかもしれません。あるいは進路も変わってくる可能性もあるわけです。そういう意味では、内申であきらめることのないように常に準備をしておくことが必要です。

上位や難関校へ合格するには、基礎基本の徹底が欠かせないわけです。発展・応用問題ばかりやってもいけないわけです。まずは基本問題や最重要項目の徹底理解です。

そしてそのためには、中間・期末テストの学習や毎日の自主勉などをおろそかにせずに、当たり前のことを当たり前にやることが大事なわけです。

コメント


認証コード7027

コメントは管理者の承認後に表示されます。