中3になってものすごく伸びてきた生徒

深谷市栄町にある彩北進学塾です。

中学3年生が7月に受験をした北辰テストの結果を見てみたところ、ものすごく伸びてきている生徒が多くおります。

毎年、中学3年生になってから急激に伸びる生徒が多くいます。中学3年生になって意識が変わって受験へ向けて動きだすとよい感じになるわけですが、一つは部活動の引退があります。

部活動を引退した後すぐに勉強モードへと変わる生徒は比較的すぐに伸びてきます。それは言い方を変えればそれまではあまりやっていなかったということになりますが、それでも部活動を引退しても何もしない生徒も多いわけですから、その差も大きいです。もちろん部活動をしている時から頑張っている生徒もたくさんいるわけですが、引退した後は、勉強にかけられる時間が多くなりますので、さらに良い方向へといきます。

受験はもちろん大逆転、ということもあるわけですが、やはり早い段階からコツコツと努力している生徒は強いです。何かがつながったときに一気に力がついて伸びていくわけです。

今回の北辰テストの結果を見ると、こちらがびっくりするくらい伸びた生徒もおります。本人も考えてもいなかった志望校が合格圏内になってます。そうなると今度はその高校を意識するようになるのでさらに頑張ろうとなります。よい方向へといきますので、夏の講習でも受講の取り組み方がずいぶんと変わりました。

塾はこのように子どもたちの行動が変わることを何よりも重要視しております。今まで勉強をしなかった子が家で勉強をするようになったり、親子で会話がなかった生徒が塾に行くようになってから親子で会話をするようになったとか、急に志望校をいしくするようになった、など何かしらのよい変化をするきっかけになればという思いがあります。

無理やり塾へいやいや通っていたのが、自ら進んでいくようになるのもそうですね。

こういった行動の変容が見られると成績も伸びてくる傾向にあります。

夏の講習が終わって大きく成長する生徒が多いですが、できるだけ早く意識の変化がくるようにこちらも工夫をしながら接しております。

3年前にも入塾してきたときは深谷商業高校を志望校にしていてそれでも厳しかった生徒が、毎日コツコツと学習を継続して、最終的には熊谷高校へ入学した生徒もおります。

彩北進学塾は以下の3つを柱にしておりますので、これが当たり前にようにできれば成績は伸びますね。

・何度も繰り返す

・毎日継続して学習する

・演習を多くする

ということです。

やれば伸びるしやらなければ伸びないというのは勉強に限らずなんでも一緒ですね。

私も1年前から南京玉すだれを始めましたが、最初はまったくできなかったものが今では人前でも少し演じられるようになってきております。

何度も同じことを繰り返して、継続して練習。そして、実際に動かしてみることで身についてくるわけです。

上記の3つを行っても結果が出ない生徒もおりますが、それは、分からないものをそのまま放置しているか、勉強の仕方が間違っているか、やる気がないかのいずれかです。

いくらやっていてもいつもできるものや得意なものだけを繰り返していても結果は一緒です。また、分からないものは答えを写してやった気がするのも何の意味もないですね。

勉強の仕方も、人それぞれではありますが、やはり間違った学習法では身につきません。そして、インプットばかりしている学習も結果は出にくいので、しっかり演習を多くしていきましょう。

彩北進学塾の夏の講習はほぼ9割は演習のみです。

コメント


認証コード1388

コメントは管理者の承認後に表示されます。