熊谷西高校へ行くために

深谷市にある中間・期末テストに強い彩北進学塾です。

まだすべての学校の期末テストが終わったわけではありませんが、ほとんどの中学校の期末テストが終わりました。来週には結果が出そろうといったところでしょうか。

期末テストの結果は、とても重要なのは言うまでもありませんが、このテストが終わるとほとんどの生徒が気が抜けて勉強モードから離れてしまうのが何よりも問題です。

特に中学2年生はこのテストが終わった後にこういう気持ちになるのが怖いです。

「中3になったら受験があるからそれまでは遊んでおこう」

といった発想です。

少し前にも書きましたが、中3になってから頑張る、部活動を引退したら本気で勉強する、と言っている場合は、中3になっても部活動を引退しても頑張るわけがありません。今できないことが中3になったら急にできるようになるわけはありませんし、急に勉強モードになるはずがないからです。今のうちに準備をしたからこそ受験学年でより一層頑張れるわけで、そしてその結果も中3になってから出てくるわけです。

中3になったら本気でやるから、というセリフをお子様が言っている場合は、保護者の方は受け入れてはいけません。そうならない可能性のほうが高いからです。

中3になっても頑張らないお子様に向かって、3年生になってから勉強しなさいよ、と言えば、きっと「部活動があるから引退してから」となるのが目に見えています。部活動が終わったら、「夏休みから頑張る」となるでしょう。

そんな感じで周りが頑張っている中でどんどん遅れていくと、最後にそれまでのツケが回ってきてしまいます。気付いた時には志望校を下げないと、となりかねません。

テストが返ってきたら何ができていて何ができていないのか、何を分かっていないのかをきっちり理解してすぐにやりなおして復習です。

もちろん中学1年生も同様です。

解答用紙の分析をして自分が今やるべきことをきちんと計画を立てて進めていくのみですね。

そうしないとおそらく次にきちんと勉強するのは早くても5月になってしまいます。新学年になって最初の中間テストまで何もしないという恐ろしい結果になりかねません。テスト前しか勉強しないという状況であればそうなる可能性もあるわけです。

彩北進学塾ではテストのやり直しと今やるべき勉強を明らかにしていくのが3月です。3月は1年間の総復習月間となります。できないところをそのままにして進級してもできないが増えるのみです。

深谷市にある彩北進学塾では、人気のある熊谷西高校への進学を志望校とする生徒が多くいます。熊谷西高校へ入るためには、内申点は落とせません。しっかり中間・期末テストで点数を取ることが重要です。また、倍率も毎年高いですから、当日の点数もきっちり取る必要があります。そのためには、今のうちから熊谷西高校を狙える状況を作っておく必要があります。

もっと言えば、熊谷西高校くらいになると小学校内容は小学校のうちに身につけているのが前提となります。これから中学生になる小学6年生の皆さんも、小学校内容の完全理解をこの3月中にしてほしいと思います。

彩北進学塾では、小学6年生向けの中1準備の講座第2段を3月中に行います。

また、先ほど書いたように中学1・2年生、特に南中・深谷中の生徒向けに、テストのやり直しを行う講座も用意しております。

家でできないなら塾へ、彩北へどうぞ。

コメント


認証コード1928

コメントは管理者の承認後に表示されます。