「社会」でお悩みの中3女子のお子様を持つお母様へ

深谷市の彩北進学塾です。

中学3年生の社会は歴史の終わりが見えてきました。

毎年、社会は中学3年生になって「公民」が始まりますが、後半が急ぎ足になりがちですね。彩北進学塾ではあと数回で歴史が終了しますが、そのあと中間テストを挟み、公民へと入っていきます。

全員が全員そういうわけではありませんし、決めつけているわけではありませんが、傾向として「公民」は男子より女子のほうが苦手な生徒が多くおります。歴史もその傾向がありますが、公民のほうが余計にそれが強くなります。

彩北進学塾の社会の授業はすべて塾長である私が担当しておりますが、歴史も公民も非常に楽しく、また覚えやすいように工夫をしております。もちろん、問題を解く時間が多く必要ではありますが、知らない言葉や興味のない語句を覚えることは非常に大変ですので、問題演習の前の覚えるところを工夫しております。

そんなわけで彩北進学塾では女子の社会の点数も良い感じで推移しております。社会自体、嫌いと言う生徒もおりますが、できる限り言葉を言い換えたり例えたりエピソードなどを交えて語句を覚えてもらっております。

歴史もおそらく第一次世界大戦あたりを今やっていると思いますが、ここから戦後までも非常に語句や人名、出来事などごちゃごちゃになりやすいところです。

そんなわけで、歴史の後半、公民とこれから続きますので、中学3年生の女子の皆さんに彩北の社会の授業は非常にお勧めします。私自身が言うのもなんですが、ただ教科書や参考書を読んだり説明したりするだけではないので、「わかった」「なるほど」が増えると思います。中学3年生の通常コースは週3回の5教科のコースしかありませんが、単科コースであれば1科目だけでも受講できます。

英語や数学は他塾で習っていても、理科や社会だけなどの併塾も可能です。国語もただ問題を解いて答え合わせしてというようなあまり意味のない授業ではないのでとてもお勧めしますが、今回は社会を推してみました。

社会は勉強に時間がかかる教科です。暗記科目だから大丈夫、というかつての入試とは違い、資料や史料を読み取る、グラフや図を正確に読み取るなど細かいところまで学習していく必要があります。

無料体験で授業の実際を見ていただくのも良いかと思います。学校の授業が本格化しそうな時期に来ましたので、ぜひどうぞ。

無料のオンライン相談も実施中です。社会のお悩みをお話しください。

1対1の学習相談(オンライン・対面)予約受付中!

コメント


認証コード7643

コメントは管理者の承認後に表示されます。