合格発表&中1・中2へ

今日は埼玉県公立高校入試の合格発表でした。

何回経験してもこの日だけは慣れませんし、朝から落ち着かない日になります。例年ですと、各高校まで発表を見にいくのですが、今年はコロナ対応の中で、塾自体を10時から開けている関係で行けませんでした。よって、生徒からの報告やネットでの確認になりました。

結果は、全員合格・・・とはなりませんでした。

久々に公立高校は不合格を出してしまいました。受験した本人やご家族が最もつらいでしょうが、塾としてご期待に応えられなかったことに反省と申し訳ない気持ちになります。それでも、本人の頑張りやこれまでのプロセスを見ているので、恥じることなく私立高校で頑張ってほしいと思います。残念ながら不合格になってしまった生徒もきちんと元気に報告に来てくれたのがうれしかったですね。

そして、毎年この日に改めて思うのが、次の生徒たちやそれ以降の生徒たちにもしっかりと合格を勝ち取ってもらえるよう指導をさらに充実させていこうという決意です。

そして、合格した生徒も含めてですが、高校合格や受験がゴールではないことを忘れないでほしいと思います。そういう意味を込めて、この日に、高校の参考書をプレゼントしています。

進路先となる高校での頑張りがますます重要となります。高校は義務教育ではありませんので中学までのように甘くはありませんし、将来を決めるうえでも大事な3年間となります。今はおそらく受験が終わったばかりで勉強という感じにはならないでしょうが、足元を見つめていきましょう。彩北進学塾では、高校からの課題などは自習で利用できますので、入学前も有効に活用してください。

さて、もう1つは、現中学生です。

特に新中2・新中3年生は毎日を大切にしているでしょうか。

すでに新中3生は1年後には受験が終わっている状態になります。ということは受験まで1年はないということです。

今は学校が休校期間ということで夏休み並みに長い休みとなっております。もしかしたら4月8日もまだ始まらないかもしれない可能性も出てきてます。そうすると夏休みよりも長い休みになってしまいます。その間の学習が1年後にどう影響するのか、言うまでもありません。最悪のケースを想定して、彩北進学塾では春期講習を夏期講習のように変える準備もしております。

夏休みが短くなるかもしれないからですね。

そうなってくると最も勉強をしなくてはいけない夏休みに学習時間が取れなくなってしまいますので、この休み中の学習は本当に大切だということを理解してほしいと思います。

新中2生は、中2という中だるみに入る傾向があるわけです。その中だるみをさらにこの休みによって加速させてしまう可能性が高いですね。ですから、学校でやっている時間数くらいの学習は毎日必ず確保していてほしいと思います。時間だけでなく内容・質もものすごく大事です。

たかだ1か月ですが、相当な差になる1か月のはずですから、「やることがなくて暇」という状態にならないように自分の意志を強く持ち、負荷をかけて適度な緊張感で過ごしていきましょう。

いつも書いているように、彩北進学塾の生徒であれば、家でできなければ、塾で5~6時間の学習は最低でもやらないといけません。

コメント


認証コード0221

コメントは管理者の承認後に表示されます。