受験生

今年も夏期講習が終わってから中学3年生が受験生らしくなってきました。

例年とは違う夏期講習・夏休みでしたが、徐々に中3生もよい雰囲気になりつつあります。

毎年のいつもの光景が見え始めてきております。

それは、授業前に早く来る生徒がいること。そして、授業後も遅くまで残って勉強をしていく生徒がいることです。

彩北進学塾では受験生に限らず授業日外に自習に来ることは珍しくないのですが、授業後に遅くまで残っていくのは中3生には許可しております。実際、終わりの時間は設定していないので何時まででもできるのです。

だいぶ前になりますが、過去に最も遅くまで残って勉強をしていった生徒は、深夜1:30でした。その次が、深夜0時30分くらいですね。深夜0時くらいであれば、多くの生徒がやっていっています。

ただしここ数年は、やはり睡眠のことや送迎、そして今年に関していえばコロナの問題もありますので、そこまで遅い生徒はおりません。それでも23時や23時30分まで頑張っていく生徒が徐々に増えてきております。

遅くまでやることがいい、というわけではありませんが、遅くまで頑張ろう、とか、ここまでやってから帰る、という気持ちが大切です。成績を上げるのは勉強することが一番なのは言うまでもありませんが、その他には、この気持ちの部分が非常に大きいです。先日も書いたように、ただ問題を解くだけなのと、何とかしたいとか絶対にできるようになる、合格するんだ、という気持ちを持って取り組むのでは結果が異なります。

学校から帰宅して、そして塾へきて夜遅くまで頑張る。こういう姿勢が成果につながります。遅くまでやることがえらいとか、早く寝ることがダメということではなく、学習時間を各自がしっかり確保して取り組むということが重要だと思います。

最終的には絶対的な勉強量がモノを言うわけですから、昼間でも夜でもいつだとしても、きっちり時間をかけて学習するのであれば時間帯はどうでもよいと思います。

もちろん、睡眠時間がなさ過ぎても困りますが…

そして、今度の日曜日は今年の中3生にとって初めての会場での北辰テストになります。やはり自宅受験とは気分も雰囲気もすべてが異なりますので、良い緊張感の中で受験できると思います。夏期講習の成果をしっかりと出してきてほしいとおもっております。

そして、中2以下の学年がこの中3生の姿を見てよい刺激になればよいと思います。

彩北進学塾の生徒は毎年本当に時間をかけて勉強をしております。

ほぼ毎日の自習や授業前後の自習、そして、時間をかけての授業と学習イベントの数々。

第一志望校合格に向けて、どの学年も今やれることを、今やらなくていけないことをやっていきましょう。

コメント


認証コード0743

コメントは管理者の承認後に表示されます。