天文・天体ショー

火星が地球に最接近しているということで、カメラで撮影してみましたが、私のカメラではこれが限界でした。

今回の火星の地球への最接近は、肉眼でもよく見えますので、ぜひご覧ください。晴れている日であれば、11月初旬までは見えるようですので。
画像の説明

ちなみに月初の満月も撮っていますので、載せてみます。

画像の説明

距離が違いますので、月であればこのくらいきれいに撮れますね。

こういった天体・天文現象にもたくさん興味を持ってほしいと思っています。

流星群だったり、日食・月食・満月その他さまざまな天体ショーがあるときは、必ず生徒たちにも話をしたり、一緒に見たり、あるいは写真を見せたり…

探査機の話も何かの時にはよく話しております。

はやぶさの時や、現在のはやぶさ2、それから、金星探査機あかつきの時もよく話をしました。はやぶさ2はいよいよ12月にリュウグウのサンプルを納めたカプセルをオーストラリアに着陸させますね。今からその時が待ち遠ししくて仕方ありません。

活字だけが勉強ではありませんし、またこういった天体ショーはちょくちょくみられるものでもありませんので、ぜひ実際に目で見てもらいたいという気持ちもあります。

なにがきっかけでこの先どうなるかわかりませんので、ありとあらゆることを授業中や授業前後など機会がある時には生徒に話をしております。

教科書やテキストでは伝わらない、伝えきれないものがたくさんありますので、点数に直結するわけではないかもしれませんが、今後もこうした機会には生徒に話をしていきたいと思います。

コメント


認証コード9973

コメントは管理者の承認後に表示されます。