志願先変更まで

埼玉県公立高校入試に強い深谷市の彩北進学塾です。

中学3年生は4日後が私立高校入試となりました。

さて、公立高校入試についてですが、毎年、生徒たちには「志願先変更期間」の制度があるのだから、最終的な志望校はそこまで悩んでも良いと伝えております。最後の北辰テストが1月下旬に行われますが、そこから入試本番までは時間があります。この期間での伸びも相当ある場合が多いです。よって、2学期中の成績で志望校を決める必要はありません。

志願先変更を利用する人はそれほど多くはありませんが、すくなくとも志願先変更をすると不利になるようなことはありません。中学校の先生が面倒くさいという部分であまり勧められるケースはないですが、それでもこれは受験生に与えれらている権利ですので、必要であれば、行使してよいものです。悪いことでも恥ずかしいことでもなんでもありませんので、もしも迷っていて最後まで頑張りたいとか、願書が出た時点での倍率を見て考えたいというような場合で必要になればこの制度を使いましょう。

公立高校入試もなんだかんだであと36日です。

過去問中心の、理科社会が中心になっている人が多いでしょうか。できない問題をできるようにする学習ももちろん大事ではありますが、絶対におとしてはいけない問題を落とすようではいけません。落としてはいけない問題を確実に点数にできるような学習も必要です。基礎基本はいつでもしっかりと行って、そして、「あーやったことがあるなぁ」などの曖昧な結果にならないよう緊張感を持って取り組んでください。

深谷市栄町にある彩北進学塾では、中学3年生に例年、合格だるま、合格鉛筆、ホッカイロを配布しております。
DSC_1042 (640x360)

また、この時期は毎年私自身のほうが不安になることが多いので、菅原神社へ参拝へ。
DSC_1059 (360x640)
DSC_1054 (640x360)
DSC_1061 (360x640)

コメント


認証コード4916

コメントは管理者の承認後に表示されます。