算数をしっかり理解して中学生へ

深谷市栄町にある彩北進学塾です。

2月になりました。

埼玉県の公立高校入試までちょうど3週間となりました。今日は中学3年生に残りの3週間の学習方法や学習内容などを伝えました。これだけやれば大丈夫!という内容です。

さて、今月より小学6年生対象の「中学準備」の講座がスターとします。選べる日程ですからまだこれからでも申し込みが可能ですので、詳細はホームページなどをご覧ください。

小学6年生がやるべきことは、とにもかくにも算数の復習です。中学1年生の内容を先取りすることももちろん重要ではあるものの、それ以上に大事なことが小学校算数内容の徹底理解です。中学生になってから数学で苦労したり失敗したりする原因のほとんどが小学校の算数内容の理解不足からきていると思います。

国語や算数(数学)、英語などの科目は積み重ねの教科です。途中がしっかり積み上がっていないとその上に積むことが出来ないわけです。小学校の算数内容がおそろかになっていては中学校の数学ができるようになるわけがありません。まして、中学生の数学は、ほとんど文字を使いますし、抽象度が高くなります。具体的なもので考える小学校の算数が理解できないと、余計にできなくなってしまいます。

小学6年生がすべきことは先取り学習よりもまずは小学校内容の完全理解を目指すことがその後の学習へ良い影響を及ぼします。彩北進学塾の中学準備の講座は、数学はほぼ算数の復習になっております。中学校内容も行いますが、メインは小学校の算数です。

もちろん算数に限らずどの科目も小学校内容は小学校のうちに仕上げてくることが理想ですが、算数は特にそうですね。

当たり前のことですが、小学6年生だけでなく他の学年でもその学年の内容はその学年のうちに理解してから進級できるようにしておく必要があります。

苦手をそのままに進級するとその後に分からない・できないを積み重ねてしまいますので、分かったつもりもいけません。きちんと納得して自力でできる状態にして進級するようにしましょう。

どの学年にとってもこの2月と3月は今年1年間の積み残しがないかを確認し、克服する期間にしていきましょう。

コメント


認証コード3958

コメントは管理者の承認後に表示されます。