英語の学習について

深谷市栄町にある彩北進学塾のブログです。

先日、朝日新聞の記事で

中学英語「難しい」、広がる学力差 

新学習指導要領導入から3年

という記事を目にしました。

記事にもあるように、英語が格段に難しくなり、生徒に英語嫌いが増え、学力格差が広がっているというのは事実でしょう。

そこで今日は久しぶりに英語の学習について書こうと思います。

英語が難しくなったと感じる理由は大きく分けると2つでしょうか。

まずは単語です。

以前に比べて中学・高校で習う英単語の数は非常に多くなっております。そこに小学校でも習う単語が入ってきますので、さらに多くなっております。来年度より小学校の教科書の小改訂でますます英単語が増えるのでもっと差がついてしまう可能性があります。

英語は言語ですので、英単語が重要なのは言うまでもありません。知っている英単語の数が少ないと英文も読めない、リスニングでも何を言っているか理解できない、自分で英作文をすることもできないということになります。そう考えると英単語はしっかりと覚えていく必要があります。

英単語を覚えるコツというか学習をするときは、まず音声です。しっかり声に出して発音することが大切です。いくら書きまくっても書けるようになりませんし、おそらく意味も覚えられません。しっかり発音できる、そして意味が分かる、そこまでできれば書きもできるようになります。

そして英単語を覚える時に重要なのは、普段から数えられる名詞を勉強するときは、 aをつけておくことです。

また同様に、複数のものはsをつけて学ぶということです。日本語は1つの時にわざわざ1つの~ということはありません。しかし英語では1つのものを言うときに数えられるものに必ずaをつけます。複数の時は単語の最後にsをつけます。これがなかなかできないわけです。よって、学習する段階から必ずつけておぼえるということです。

2つ目は文法です。

以前は高校で習っていたものが中学で学ぶことになったり、中学2年で習っていたものが中学1年生になっていたり。さらには、1つの単元で複数の文法事項を学ぶことも多くなっております。これがおそらくかつてのように中学1年生の1学期の中間テストはみんな90点以上のようなことがなくなった理由の1つでしょう。

もともと学校では文法重視という傾向には無く、子どもたちの文法の出来はあまりよくない状況ではありますが、そこに上記のようなことが起きましたのでさらに理解できないままで過ごしている生徒が増えているという状態になりました。文法を意識しなくても単語だけ分かればなんとかなってしまうものも多いので、そうやって乗り切ってきているのかもしれません。

しかし、問題になるとそうもいかないため、なかなか点数が取れなくなり、英語はむずかしいというイメージがわいてしまうようです。文法はきっちり身につけることが重要です。英語は論理です。論理的にできているわけですから、きっちりルールを覚えてしまえばむしろ簡単になります。

英文法を学ぶ際に気をつけたいことは、とにかく主語と動詞を意識することです。英語は動詞で決まるといってもよいくらいです。英語の文は「誰が」「どうする」と並んでいます。その上で、進行形はこういう形、受け身はこう、助動詞はこうなんだというルールを覚えていくことです。

英語の長文をやるときもそうですが、文法でも「直訳」することが学習のポイントです。そして、もう1つ大切なのは、「品詞」を意識するともっと深く理解ができます。何となく表現で覚えて、というのには限界があります。できれば名詞・形容詞・副詞くらいは分かるようにしておきたいものです。

そして、何よりも重要なことは英語に触れる機会を増やすことです。私たちは日本人ですから英語の授業時間くらいしか英語に触れることがありません。週で考えたらほんのわずかな時間です。毎日英語を学習する時間を設けるのも良い方法です。やっていなければ忘れてしまいますので、隙間時間に英単語を覚える、寝る前に本文を音読するなどうまく時間を使ってきたいですね。

とにかく何をするにも英語は音声です。音読は可能な限りたくさんやってみてください。きっと2週間語や1か月後には英語が今までと違って見えてくると思います。

コメント


認証コード0630

コメントは管理者の承認後に表示されます。