受験生は夏休み前から頑張らないと

深谷市栄町にある英語に強い彩北進学塾です。

本日、ホームページを更新しました。

2021夏期講習会のご案内をアップしております。

時間が経つのは早いもので、ついこの間、昨年の夏の講習が終わったのでは、という感覚です(笑)。もう今年度の夏休みの講習がすぐそこまできているわけですね。

昨年度は新型コロナウイルス関連で、夏休みが少なかったのでわずか10日間という講習日程でしたが、今年度は、例年以上に時間が取れますので、中学3年生を中心に猛勉強していただきます。とにかく勉強ができるようになるためには時間をかけるしかありません。時間をかけてやったものは定着し忘れなくなります。

勉強もスポーツもなんでもやった分が成果になります。そして、中学3年生は受験生となるための最初のハードルと言ってよいでしょう。夏休み中にどれだけ勉強したか、どれだけ中学1・2年生の内容を復習できたかで、10月以降の学力に影響してきます。夏にやらなかったらそのあとが大変になるだけです。

間もなく、中学3年生は最後の大会やコンクールです。それが終わって引退したら、今度は、彩北進学塾の「勉強部」へ転部してくださいね。今までの部活動の時間をすべて塾での学習に充ててください。

夏休みはもちろん頑張るのですが、間違えても「夏休みから」ではありません。今から頑張って学習モードを保って夏休みを迎えてください。それが効果的であり、夏休み後の学力アップにつながる一歩です。

まずは期末テストで良い結果を出してくださいね。期末テストで良い結果を出すためには今やるしかありません。2週間前の範囲表が出るのを待っている必要はありません。後になればなるほどどんどん時間がなくなります。時間がなくなると焦ります。焦ればできる問題もできません。気持ちに余裕、ゆとりがあってこそ、成果も出てくるのです。

この時期は、中学生はみんな疲れています。それは良く理解しておりますが、だからこそ、学習時間を0にしてはいけないのです。「夏休みから」でもいけませんし、「部活動を引退してから」でもダメです。おそらくそう言っている人は、夏休みになっても部活動を引退しても結局別の理由をつけてやらないまま終わります。今やれない人が後でできるわけがないからです。

できるようにするためには、無理やりにでもやり始めないといけません。やり始めれば続けられます。やらないから無理に感じています。毎日継続して学習することが何よりも強い、と彩北進学塾では考えております。休むことも重要ですが、やっていない人は休むという発想はいりませんね。やっていないのだから休む必要がないからです。

中学3年生が夏休み前、夏休みにやることは簡単です。

それは、中学1・2年生の復習です。

そして、特に「苦手なもの」をやる時期です。

期末テストがあるので中学3年生の内容がメインにはなってしまいますが、並行して1・2年生の復習も必ず毎日行いましょう。そして、期末テストが終わったらすぐに、中1・2年生の内容と苦手なものを学習します。夏休みまでが苦手なものに時間をかけてじっくりやり直すチャンスなのです。2学期が始まってしまえば、忙しくてなかなか十分な時間をかけて苦手なものをやる暇はありません。1つでも2つでも夏休みが終わるまでに苦手を減らす必要があります。

中学1・2年生は、1学期の学習内容や、中学2年生であれば中学1年生の内容を中心に復習をする時期となります。

彩北進学塾の2021夏期講習会は、年長さん・小学生・中学1・2年生は、選べる「日程」「時間」「講座」となり、ほとんどが復習中心となります。また、国語・英語がメインになっています。

中学3年生は、1日7.5時間×21日間の講習とお盆特訓3日間(30時間の学習)で、塾の授業だけで187時間の学習時間となります。在塾生はそこに強制自習が入り、夏休み中の目標である200時間の学習を確保してもらいます。今年度は、彩北進学塾では中学3年生の外部募集は夏休みが最後の募集となりますので、本気で志望校を目指す皆さんは受講をご検討ください。

他を圧倒するくらいものすごい演習量をこなして学力アップしていただきます。


▼最近の投稿記事▼



▼記事カテゴリー一覧▼

コメント


認証コード3623

コメントは管理者の承認後に表示されます。