あれこれ考えずにやるしかない

深谷市栄町にある彩北進学塾のブログです。

彩北進学塾のホームページを更新しております。2021夏期講習会その他のお知らせをアップしておりますので、ご確認ください。

さて、1学期の期末テストも近くなってきて、範囲表も出始めております。運動部の生徒は今はそれどころではない、という人もいるでしょう。そういう中でもやる人はやっています。やらない理由を挙げている人は、いつになっても何かしらの理由をつけてやらないのです。

やる気はやらなければ起きないというお話は何回か書きましたが、やる気を生むコツはあるかもしれません。

それは、まずは「決めること」です。

『毎日、~時になったら勉強をやると決める』ことです。

決めたら何があってもやるのです。今日はちょっと、とか、もう少ししてから、とか、つべこべ言わずにその時間になったらとにかく始めることです。始めれば、先ほど書いたように、やればやる気が起きますので、とにかく決めた時間になったら何が何でも始めればよいのです。やれるかな、と考えている暇があったら、あれこれ考えずにやり始めれば解決します。

それを続けていけば生活リズムになりますので、ひたすらやり続ければよいだけです。毎日、家に帰ってきて夕飯を食べて歯磨きをしたら勉強をしてそのあとにお風呂に入って寝る、というように生活習慣になっていれば何の苦もなくできるでしょう。それが当たり前になるからです。当たり前になっていればむしろやらない日のほうが違和感を感じます。そのくらいになるまでやりつづけてほしいものです。

そして、最後に、これは先日の親の関わりでも書いたものと似ておりますが、やっている本人もそれほど結果を気にしないようにすることです。結果を気にすればするほどかえって逆効果です。今目の前にあるものをやればいいのです。遠く先にある受験のことを今考えて不安になってやっていたって良い結果にはなりません。期末テストで失敗したらどうしよう?とか、期末テストでは絶対に450点以上取るぞ、と気合いだけが入っていてもダメですね。であれば、今日はこれをやる、とか、今週はこの科目のここを完璧にしようとか、これからこんな勉強をして新しい発見をしようなどと思いながら勉強をした方が心にゆとりができて勉強も良い方向にいくのではないでしょうか。

ぜひこれをご覧いただいている保護者の方はお子様に教えてあげましょう。きっと今までとは違った景色で勉強が見えるはずです。

その際に気を付けなければいけないことは、間違えても子どもに押し付けて、無理やりやらせるようなことはないようにしてくださいね。

2021夏期講習会
中学1・2年生 週1回英語単科コース
   受付中


▼最近の投稿記事▼



▼記事カテゴリー一覧▼

コメント


認証コード1419

コメントは管理者の承認後に表示されます。