オープンスクール・学校説明会などには必ず

深谷市栄町にある夏休みは学力アップを目指す彩北進学塾のブログです。さて、本日は久しぶりに塾はお休みでした。

さて、中学3年生は期末テストもおわり、運動部は部活動も引退し、どういう過ごし方をしているでしょうか。ここでも何度も書いているように「夏休みから頑張る」は「頑張らない」とイコールです。夏休み前の頑張りが夏休みの頑張りにつながることを頭に入れて今すぐに勉強に取り掛かりましょう。

そんな中ですが、夏休み中には各高校のオープンスクールや学校説明会、入試説明会などが行われると思います。夏休みだけではなくその後もさまざまな説明会やイベントが行われると思いますが、やはり夏休み中には必ず参加しておきたいものです。

彩北進学塾では、中学3年生にはこのように伝えています。

できる限り、公立高校2校・私立高校2校の見学へは行きましょうと。

それぞれの中学校でもいろいろとアドバイスされているとは思いますが、仮に私立高校を受験しない場合でも私は行くべきだと思っております。

公立高校も2校、私立高校も2校というのは、比較することが目的です。

まず公立高校と私立高校の差はとても感じることができると思います。説明会1つとってもきっとだいぶ差があることと思います。また、先生が他の雰囲気や説明の内容、そして校舎や施設などもずいぶんと公立・私立で差があることを実感することと思います。そういう意味では効率も私立も見ておくべきだと思います。

そして、公立も私立も2校ずつなのは、やはり同じ公立高校でもあっても差を感じることができるからです。私立同士も同様です。特にオープンスクールは生の雰囲気を感じる良い機会なので是が非でも参加しておくべきだと思います。

もしかしたら来年度から通うかもしれないわけですから、そういった先のことを想像する良いチャンスです。

また、受験へのモチベーションも上がります。いろいろな中学校の生徒が集まります。また高校の先生から話を聞くと、もうすぐ高校生なんだという実感もわいてきます。受験を本当の意味で自分のこととして捉えることができます。こういうイベントを機に今までの志望校とは別の高校を目指すことになる可能性も生まれます。

夏休み中の説明会が転機になって、もう勉強をしだす生徒も毎年いますので、こういった機会を逃さずに無理のない範囲で参加しましょう。たくさんの高校のイベントにあれもこれもとなっていては時間が取られる一方ですから、やはり公立・私立各2校ずつくらいがちょうどよいかと思います。

保護者の方も自分の子どもが通うかもしれない学校を見るよい機会ですので、できるだけ子どものご参加を後押ししてあげるとよいでしょう。
彩北進学塾


▼最近の投稿記事▼



▼記事カテゴリー一覧▼

コメント


認証コード8683

コメントは管理者の承認後に表示されます。