実技教科も忘れずに

深谷市にある中間・期末テストに強い彩北進学塾です。

さて、毎日子どもたちを見ていると期末テストに向けて学習に取り組んでいますが、忘れてはいけないのが実技教科もあるということです。どうしても5教科の学習がメインになりがちですが、実技4教科をおろそかにしてはいけません。調査書(内申書)を考えた時にどちらも同じ扱いだからです。

5教科の成績がよくても、残りの4教科の成績が悪いと結局は合計したらあまりよくなかった、ということもありえます。

逆に言えば、きちんと実技教科でも通知表で良い数字にしておけば、だいぶ助かるということです。

実技教科は前日にちょこっと、とか、当日の朝に見て、とか最悪なのはノー勉強です。そのような学習ではいけません。たしかに毎日何時間もかけてやるものではないもののそれなりに準備をしないと点数は取れません。実技教科は授業態度や提出物、作品など授業時のほうが成績に大きく影響はするものの、テストでも点数は取るべきです。

通知表を変えやすいということでもあります。極端な話、5教科の通知表の数字が3から5まで一気に変わるようなことはそれほど多くはないものの、実技教科は変化をさせやすいので、特に中学3年生は内申書に関わる最後のテストですからここで実技教科のテストもしっかり得点して良い結果につなげたいところです。

実技教科の勉強は、学校の先生が授業中に言っていることやノートなどからがメインでしょうから、授業中が一番大事だということは言うまでもありません。しかし、5教科同様、授業中だけでは身につくはずもなく、複数回の繰り返しが必要になります。あまり時間が取れなくても3回は教科書や補助教材、プリント、ノートなどを中心に覚えることが必要です。

暗記が多くなると思いますので、寝る前にやるのはよいでしょう。数学などに比べて気持ち的にはやりやすいと思いますので、隙間時間も利用しながら目に触れるようにしておきましょう。

5教科の勉強も引き続き必死で頑張りましょうね。

2学期期末テスト対策授業冬期講習受付中‼


▼最近の投稿記事▼



▼記事カテゴリー一覧▼

コメント


認証コード9579

コメントは管理者の承認後に表示されます。