中2以下は毎日の積み重ね、積み上げで

埼玉県公立高校入試に強い深谷市の彩北進学塾です。

埼玉県の私立高校入試のスタートまであと2日となりました。今年度の中学3年生では私立単願は1名のみで残りは公立高校が第一志望なのですが、それでも私立高校入試直前ということもあり、やはり普段以上に緊張感がありました。

さて、そんな中学3年生を見てからの中学2年生以下を見ると当然ですが、この時期はほとんど緊張感とは程遠い感じになっているわけです。

中学2年生は1年後、中学1年生は2年後にその時がやってくるわけです。もちろんそれ以下の学年であってもやがて高校入試がやってきます。まずは現学年の学習内容の理解が何よりです。そしてすでに習った単元での取りこぼしは今だからこそまだ戻ってやれると思います。

中学3年生(受験生)になったら一生懸命勉強するとか、部活動を引退したら勉強モードにしますとかいうセリフは基本的に信じておりません。信じていないというより不可能です。今頑張れない、今目の前のことすらできない人が急に受験生になったとたんに勉強をし始めるわけがないのです。

普段から頑張っているからこそ受験生になったときに力が発揮できるわけです。中学3年生に上がったら急にできるようになるわけもありませんし、むしろ習った範囲が増えていくわけですからできないものが増えていっているはずです。そうすると中学3年生になってからやることも多くなってしまい、やる気にも影響しますし時間もかかります。

受験勉強は受験生になってから、と言っているうちはいつまでたっても同じことが続きます。普段の日々の学習がすべて受験勉強なわけです。毎日のちょっとした学習の積み重ねが大きな力になっていくわけですから、先送りにしたところで急に成績が上がるわけはありません。

一つ一つの小さな取り組みや繰り返しと継続。これこそが受験生になったときに学力を伸ばす最大の勉強方法です。わからないを溜めないためにも、毎日勉強をしいきましょう。

コメント


認証コード6356

コメントは管理者の承認後に表示されます。