国語は勉強しないと点数が取れない

深谷市の彩北進学塾です。

すでに定期テストを終えている高校1年生がテストの解答用紙を持ってきました。まだ全部の教科が返却されているわけではありませんが、解答用紙はいろいろなことがわかります。情報の山ですね。

高校1年生は高校生になってからの初めてのテストはどうしてもいくつかの取り組む姿勢があります。

・中学校の時と同じような感覚で勉強する生徒

・高校受験が終わって気が抜けてほとんど何もしない生徒

・高校のほうが大変なことを理解して準備をしっかりする生徒

当然結果は言うまでもありませんが、彩北進学塾の高校1年生を見ていても2つに分かれました。

中学の時以上に時間をかけて、毎日自習に来て授業後も遅くまで残って勉強していった生徒と、中学の時は毎日自習に来ていたのに高校のテスト前は全く来なかった生徒。

この結果も言うまでもありません。

まず今回のテストを受けて、高校のテストが甘くないことを理解したことと思いますので、次のテストに向けてやるべきことは指示をしておりますが、行動しないことには変わらないので、継続してやることを願うばかりです。

そして今回のテーマは、国語。

彩北進学塾は5教科指導ですが、中でも英語と国語を重視しています。数学は放っておいても一生懸命やりますが、なかなか特に国語は勉強量が不足しているのが目に見えて分かります。現代文はなんとかなりそうとか、国語は大丈夫かな、という声が多くありますが、結果を見れば一目瞭然。そんなによくありません。高校1年生は授業では誰も国語を受講していませんが、先々を考えると国語のほうが優先順位が高いのではないかと思う生徒もいるくらいです。

国語は日本語の勉強ではありませんので、勉強しないと点数は取れませんし、模試や入試では教科書に出てくる文章は100%でないわけですから国語の読み方をきちんと学ぶ必要があります。そしてそれを練習して使えるようにしてければなりません。国語は中学生の話の時にも書きましたが、読み方のルールや解き方のルールが存在します。ただ闇雲にいろいろな文章を読んで問題を解きまくればできるようになる科目ではありません。なぜその答えになるのか、必ず理由が存在します。

なぜその答えになるのかを理解しないまま勉強してもあまり意味がないわけです。なぜ自分の答えが間違っているのかを理解しないと先へは進めません。定期テストでは学校の教科書で習って授業も受けているので、ノートさえ見て暗記すれば解答できるものもあるかもしれませんが、それでもなぜそうなのかを知っていなくてはなりません。

小学生や中学生のうちにきちんと国語の読み方を学んでそれを練習することによって得点源にしてほしいと思っております。

そして、古文。

今回のテストで言えば、古文の文法でしたが、こちらも覚えることがメインではありますが、現代語と違ってなんとなくではできませんから、時間をかけて覚える必要があります。現代語の文法よりも覚える量も増えます。活用の種類や活用形を覚えることは必須です。そしてあわせて古文の単語も覚えていきましょう。英語同様に単語が分からないと意味が分からなくなってしまうものもありますので、しっかり頭に入れておく必要があります。こちらも学校の授業で習っている文章ではあるものの、高校の古文は細かいところまで聞かれることが多いので、知識事項や読解までカバーしておくように勉強しましょう。

今回のテストでちょっと失敗してしまった高校1年生は、次のテストからはきちんと結果が出せるようにすぐに今回のテストの解きなおしをして、次のテストに向けてもう勉強を開始してください。先ほど書いたように国語も必ず解きなおしをしてくださいね。勉強して分からないところがないくらいまで復習をすることが重要です。

国語も他の教科と同様に一生懸命勉強をして点数を取りましょう。

コメント


認証コード4847

コメントは管理者の承認後に表示されます。