英語の文法が苦手な人へ

深谷市の彩北進学塾です。

年々英語が苦手な人が増えている感覚があります。それは、新しい指導要領で英語が難しくなった、単語が増えたなどあります。しかも来年度からの小学校の英語の教科書はまた新たに文法事項と英単語の数が増えますので、ますます二極化が進んでしまうのでないかと思われます。

高校入試、大学入試での英語の長文の分量は増えているので、入試においても点数の二極化が広がっていくと思います。

いつからか英語の訳をやる時に、子どもたちはやけに意訳をするようになってきています。確かにその方が日本語が自然ですし、わかりやすいとおもいますが、彩北進学塾では基本的に直訳をするようにしています。直訳が分かっていて意訳をするのは構わないのですが、単語だけ見てなんとなく意訳する生徒が増えています。分からない単語を無視して知っている単語と流れだけで意訳してしまうことで英語がますますできなくなっていると思います。

不自然な日本語なのはわかりますが、英語をできるようにしていくためには、直訳をお勧めします。できる限り、「誰が・どうする・何を」など意識して訳してほしいと思います。教科書のガイドや問題集の日本語訳はほとんどが意訳になっているので、文法事項がわかりにくくなっています。翻訳家になるわけでも通訳になるわけでもなく、あくまでも勉強しているわけですから、きっちり文法を理解して訳すことで身に付いていきます。

どんどん使える英語ということで、なんとなく意味が通じれば問題ないようなことを言われますが、結局、中学3年生や高校生になってから苦労している生徒を見ると、何とも言えない気持ちになります。主語を訳さずに意味を言う生徒や動詞(述語)が途中に来ている生徒も多くいるわけですが、それでは文の構造が分かりませんので、きっちり直訳して理解していきましょう!

よって、保護者の方が子どもたちに教えたり確認する際には、ガイドや解答の意訳ではなく、直訳をしてほしいと思います。意味があっているからいいや、では文法が身に付かないばかりか英語を苦手にしてしまいますのでお気を付けください。

コメント


認証コード5123

コメントは管理者の承認後に表示されます。