北辰テスト対策

深谷市栄町にある英語に強い彩北進学塾のブログです。

彩北進学塾の2021夏期講習会のお申込みは19日(月)までとなりますので、よろしくお願いいたします。また、7月22日~24日の夏休みの宿題終わらせよう3Daysについては、前日(21日)までお申し込みを受け付けております。

前回の中間テストの結果でも驚いたのですが、今回も同様でしたが、学年の5教科の平均点が221点という中学校の中学2年生。

前回もほぼ同じように220点台でした。もはや定期テストとは思えないほどです。問題がそこまで難しいわけではないのですが、入試よりも低い平均点はいったいどうなんだろう?と思います。250点くらいの点数でも順位が半分前後くらいになるのでびっくりですね。

そして驚いたと同時に、冷静に考えてみると納得する部分もありました。やはり指導要領改訂によって5教科ともに難度は上がっておりますし、思考力や判断力を問う問題も多く出題しております。そういう意味では今までの知識だけでというのは難しく、きちんとした理解と定着が必要になります。当たり前ですが、コツコツ毎日の学習を続けるしかありませんし、質よりも量ということで多くの時間をかけるしかないと思います。

彩北進学塾の大きな柱としては、

・繰り返しの学習をする(1回やってできる人は天才)

・やらない日をつくらない(毎日の継続で学習習慣をつける)

・演習量を多くして量を重視(質はやることでついてくる)

という3つの柱を中止としております。

最終的には、学習意欲の向上と学習習慣の完成をめざし、中学卒業後の高校、大学その後へとつながるようにしたいと考えております。先日の話ではありませんが高校合格がゴールにはしていないということです。高校入学後のことを考えて指導に当たっております。

やる気はやることで生まれますので、まずはつべこべ言わずにやることからスタートです。やらない理由やいいわけをしていては成長はありませんし、学習の成果も出ません。

さて、今日は中学3年生の北辰テストの対策を実施いたしました。

この7月の第3回から12月(第7回)までの北辰テストについては塾で対策を行います。彩北進学塾の北辰テスト対策は、数学・理科・社会の3科目がメインとなっております。国語と英語は、必要に応じて行わせていただきますが、基本的には対策授業は最初に挙げた3教科となります。

7月の北辰テストから、受験者も非常に多くなり、自分の現在の位置や状況を客観的に知ることができます。そして会場での試験ということで場慣れもできますね。

北辰テストは受験することも大事ではありますが、それ以上に大事なのはやった後のやり直しです。塾生には必ずその日のうちにある程度は見直しをするように伝えております。自己採点の練習と問題の解きなおしをやることで次以降へ活かしてくれなければなりません。

中学3年生は夏休みの講習では150時間以上の学習時間がありますが、9月の北辰テストできっちり成果を出せるように「本気で」取り組んでほしいと思います。


▼最近の投稿記事▼



▼記事カテゴリー一覧▼

コメント


認証コード5889

コメントは管理者の承認後に表示されます。