運動部を引退したら勉強部へどうぞ

深谷市栄町にある中間・期末テストに強い彩北進学塾です。

今日から学総が始まり、中学3年生にとっては中学校での最後の大会ですね。県大に行けばまだ続きますが、多くの生徒がこの数日間で引退を迎えるわけです。

部活動を一生懸命やってきた生徒は、その後の成績などもよく伸びると言いますが、何もしないではそうなるわけがありません。

過去に部活動を引退後にものすごく伸びた生徒の共通点は、すぐに切り替えて勉強モードになったことです。

どうしても今まで部活動をしていただ時間が空白時間になると、気が抜けて何もしない場合があります。多いのが寝る時間になっている生徒です。今まではその時間部活動をしていたわけですが、学校が終わって帰宅すると寝ているかスマホをいじっているか、動画をみているか・・・ということが多いわけです。これでは何のための引退かわかりません。

過去、彩北進学塾の卒塾生で最も成績が伸びたのは、部活動を引退した「その日」から学習を始めた生徒です。

勉強モードになる生徒でも、「今日は大会だったから明日からがんばる」というケースが多いと思いますが、やはりもう試合が終わって帰ってきたその時から学習へと移った生徒は、偏差値が15も上がりました。気持ちが違います。切り替えることがすぐにできたわけですね。そして、そこから猛勉強でした。

最低でも部活動をしていた時間を勉強に、とは思います。ですから塾ではよく、勉強部に転部したと思って。と伝えます。例年、多くの生徒が部活動を引退したら、毎日自習に来るようになります。家にいると先ほど書いたような結果になってしまいますので、そうであるならば、すぐに塾に来てしまった方がよいからです。リズムや習慣とは恐ろしいもので、引退してから毎日家で寝ていたりスマホばかりしていると結局それが毎日の行動の習慣になってしまいますので、なかなか学習へとはなりません。逆に、毎日塾に来てやっていればそれは当たりまえになって、知らぬ間にそれが当たり前になり苦ではなくなるのです。

ですからこれから本気で成績を上げようと思う場合は、部活動が終わったらできるだけ早く勉強部に入部することです。

今まで塾にも通っていなかった生徒は、これから塾へ行こうかなと思うのであれば、できるだけ早い方がよいでしょう。夏の講習からで、と思うかもしれませんが、夏休み前にだいぶ差がついてしまいますので、善は急げの感じで行動したいところです。

もちろん塾に通っている場合は、これからは塾をもっと有効活用です。今までのただ行って授業を受けて帰るという段階から1段上にいきましょう。授業前後や授業日外も自習その他学習できる環境に自分をおいて、そしてあとは実際に勉強するのみです。

埼玉県の私立高校入試までは、あと223日です。約7か月後には入試を迎えます。夏休みの頑張りは何よりも重要ですが、そこを頑張るための助走が夏休み前です。

部活動を引退してからの動きが大事なので、ぜひお子様にはその部分を伝えてあげてください。

コメント


認証コード2568

コメントは管理者の承認後に表示されます。