中学生は家で勉強しない

深谷市の彩北進学塾です。

本日たまたまとある営業の電話がかかってきました。

一応話を見いてみると、24時間いつでも生徒が自宅にいながら質問できる環境を提供するようなことでした。塾にいない時にすぐに質問などに対応できるとのことでしたが、まあ確かに良さもわかります。もちろんお断りしました。

それは、彩北進学塾は以下のような考えだからです。

まず1つは、中学生は家ではほとんど勉強しないということです。もしかしたら受験生でさえも、自宅での勉強時間が0という生徒もいると思います。受験生以外であれば、宿題を除けば0の生徒は非常に多いと感じております。

よって、中学生は家では勉強しないという前提で対応しているわけです。塾に拘束する時間が長くなりますし、また、授業日外の自習も可能な限りきてもらう仕掛けをしております。

塾=勉強するところ

家=くつろぐところ

でいいではないでしょうか。理想は、塾でもやるし家でもやるです。卒塾した後のことを考えれば家での勉強時間が0は厳しいからです。

もう1つ先ほどの営業を断った理由は、たとえどんなに学歴が高い先生が見てくれようが、どんなに優れた授業内容でもやはり普段からその生徒を見ていないと学力を伸ばすのは難しいということです。彩北進学塾では生徒面談や保護者面談もそうですが、何よりも普段から授業前後や自習時、イベント時などに生徒とのコミュニケーションをとても大切にしています。授業後のノートもそうですね。価値観などもわかりますし、さまざまな考え方、一面を見ることができます。

そういったあらゆる観点から生徒のことを見て、知って、勉強の仕方なども把握しているわけで、突然知らない人に分からないところを聞いても、答えはわかってもそこに至るプロセスや生徒の対応の部分でうまくいかないと思うからですね。

だからこそ、彩北進学塾では高校部は卒塾生限定でもあります。その生徒の特徴が分かっているからこその高校生の指導ができます。中学でずっと見てきてその子の性格まで把握しておりますので、的確なアドバイスができるわけです。

さて、最初にも書いたように、中学生は家では勉強しないという部分ですが、家で勉強できない人は彩北進学塾が面倒を見ます。何しろ、毎日塾にきてもよいという状態で、自習でも質問ができるからです。人生相談や進路相談、雑談などもすべて相手をしています。勉強をただ教えるだけが成績を伸ばすわけではなく、こういったちょっとした会話などから学習へのヒントがあるからですね。

家で勉強しない姿を見ると、つい「勉強しろ」と言いたくなってしまいますが、塾でたくさんやりたいだけやって帰ってきたら、家ではくつろぐでもよいのではないかと思います。

家でできる人はそれに越したことはありませんが、やっている勉強が間違っているならば、効果も成果もありませんから無駄な時間になります。スマホや動画、漫画などの誘惑に負けない環境を作ることもまた大事になってきますね。

コメント


認証コード8853

コメントは管理者の承認後に表示されます。